2012年05月17日

Handbrakeの設定を読み解く

こんにちは、無野課長です。
Handbrakeの設定を読み解きましょう。
これも結論から言いますが、Handbrakeの初期設定が優秀なので、何も考えなくても画質のいいファイルが生成できます。
下手にいじると、画質は落ちるわ、データは重くなるわ、エンコードスピードが膨大になるわ、いいことがありません。

ここでは、私、無野課長が編み出した「画質そこそこ&データ小さい」という設定をご紹介します。
・H.264に変換
・2Passエンコードでスピードは遅くても画質を頑張る
・データ削減のミソは「横解像度を半分にする」
※要するに、フルハイビジョンの解像度「1920x1080」から横半分ハイビジョン「960x1080」にするのです。
画が複雑だったり動きの激しい映像はキビしいですが、動きが少ない映像やアニメなのど画には最適です。

●プロファイルの設定
まず、Presetsの「Normal」を選びます。
fig01.jpg

◆補足
「High Profile」を選ばないのはナゼ?
実は、「High Profile」というのは、ビットレートが高い時=High Profileということなのだ。高性能のプレーヤーなほど、High Profileに対応しているけれども、それは高ビットレートのデータにも対応しているということ。ビットレートを低くしたいときは、Normalを選ぶのが正解なのだ!

●Pictureの設定
Croppingを設定します。
Croppingで「Custom」を選択し、Top、Bottom、Left、Right全てを「0」にします。
fig02.jpg

横960×縦1080にするのですが、直接入力ができません。
fig03.jpg

まず、Anamorphicを「None」にします。
fig04.jpg

すると、Widthが編集できるようになります。
fig05.jpg

Widthに「960」と入力します。
fig06.jpg

Anamorphicを「Strict」に戻します。
fig07.jpg

これで、「920x1080」に設定できました。
fig08.jpg

●Video Filtersの設定
ここはご自由にどうぞ。
フレームレートを24pにしたいときは、detelecineを「default」にします。
fig09.jpg

インターレース解除したいときは、deinterlaceを「slow」にします。
fig10.jpg
◆補足
deinterlaceの設定は「slow」じゃなきゃいけないの?
経験上ですが「fast」では、あんまりキレイに処理されないのです。「slower」だと、インターレース解除はキレイに行われますが、処理が遅いのです。キレイになっても、ビットレートを低くして圧縮しまくりますので、キレイすぎても意味はありません…!
◆補足
Decomb、Denoise、Deblockは設定しないの?
これも、やればキレイになる場合もありますが、圧縮しまくる場合は、そんなに影響が無いんです。処理が遅くなるだけです。「Decomb」は特に注意が必要で、クシ状ノイズを減らすフィルタなのですが、下手に使うと、逆にクシ状のラインが現れてしまうことがあり、逆に画質が劣化しちゃうのだ!

●Videoの設定
ここは、x264エンコードでVariable Framerateを選び、
Avg Bitrateを選択したあと、2passでビットレートを指定するだけです。
ビットレートは、画質を限界まで落とした場合はbitrate「900kbps」です。
この画質では耐えられない場合は、bitrabe「1400kbps」にしましょう。
fig12.jpg
◆補足
Framerate(FPS)について
ここは、何も考えずに「Same as souce」を選びましょう。VideoFiltersの設定で「detelecine」を有効にしていても、「Same as souce」を選ぶこと!間違っても「24」や「23.976」は選択してはいけません。detelecineを有効にした場合は、勝手に24pになっちゃうのだ!

●Audioの設定
ここはご自由にどうぞ。
無野課長はMixdownを「Stereo」、Samplerateを「44.1」、bitrateを「128」にしてるぞ。
fig13.jpg

●Subtitlesの設定
プレスもののディスクからゴニョゴニョしてる人は使うかもしれませんが、無野課長には必要ありません…。

●Chaptersの設定
これも、ゴニョゴニョしてる人は使うかもしれませんね。無野課長は使いません。

●Advancedの設定
いよいよお待ちかねのAdvanced設定です。
しかし、実はデフォルトの設定でも十分なんです。どうしてもいじりたい人だけ、設定しましょう。
無野課長は、以下のように設定してますよ。
fig14.jpg
◆補足
ここは補足し始めるとキリがないのですが、簡単にコメントしていきましょう。
「Encoding」のところ。ReferenceFramesとかMaximum B-Framesとかは、1コマ1コマを独立して圧縮するか、前後のフレームから差分を取って、差分だけのデータにするか、みたいな設定です。前後のフレームを参照する=Refecenceするということですな。これ、差分だけにしたほうが圧縮できそうなんですけど、やりすぎると危険です。CMみたいにポンポン画が切り替わる映像だと、差分とか取ってる場合じゃないんですね。新しく1コマまるごと圧縮したほうが、早くてキレイなんですわ。差分を取りすぎると、エンコードの処理も遅いし、再生するときも処理が重くなります。あんまりいいこと無いんですよ。なので、バランスの良いデフォルト値に落ち着きます。まあ、やるならReference Framesを「1」にするぐらいかな。
CABAC Entropy Codingは、効率良くデータを扱うかどうかの話なのでチェックを入れる。
8x8 Transformは、1枚の画を圧縮するときに、8x8ピクセル分のブロック単位で圧縮してみるかどうか。コレも画の内容によって良い場合と悪い場合がある。高精細感を出したいときは、チェックをはずしたほうが良いと思います。8x8にすると、なんとなく全体がぼやけた感じに見えることが多いです。その分、データの効率は良くなっているみたいですよ。
Weighted P-Framesは、画の変化にあわせてPフレームというコマを能動的に使うかって話なので、入れておいたほうがいいです。入れなくても、まあ問題ないと思いますが。
Pyramidal B-Framesは、Normalでいいっす。おまかせしときましょう。
Analysisに移ります。
ここは、けっこうキモです。
エンコードするときに、前後のフレームの差分とか動きとかを解析していくわけですが、その解析を、どうするか?っていう設定です。
Adaptive B-FramesとAdaptive DirectModeは、悪いこと言わないから、デフォルトにしておきなさい…。
ここを変えても、処理速度が大幅に落ちるだけで、画質はそんなに変わりません。
ポイントは、Motion Estimation MethodとSubpixel ME&Mode Decision、Motion Estimation Rangeです。
ここは、けっこう質感が変わります。おススメは、画像で貼ったように「Uneven Multi-Hexagon」「7:RD in all frames」「default(16)」です。ここの設定は、画像解析を細かくやるとキレイだけど処理スピードがアホみたいに遅くなる、ということができてしまう部分です。逆に言えば、画像解析をズボラな設定にすれば、エンコードスピードは速くなります。
Motion Estimation Methodは、「Diamond」は手抜き解析です。「Hexagon」が普通の解析。「Uneven Multi-Hexagon」は、画質が気になる人向けというレベルの丁寧な解析です。「Exhaustive」「Transformed Exhaustive」は、神経質な人向けなのですが、ハッキリ言って選ばないほうがいいです。もう画質の変化がわかりません。なのに処理速度はスゲぇ遅くなります。アホみたいに遅いです。でも画質が良くなっているかどうか、わからないレベル。
Subpixel ME&Mode DecisionとMotion Estimation Rangeは、数字が大きいほど精度の高い解析をします。
これも、必要以上に精度を高くしても、見た目にほとんど影響がありません。デフォルト値ぐらいが、バランスがいい設定ですよ。
Partition TypeとTrellis、Deblockingは、全部デフォルトで。標準設定が、一番バランスが取れています。(変換スピードと画質のバランス)。
全部MAXの高画質設定にしても、変換スピードが倍どころじゃないぐらい遅くなりますが、実際にできたファイルの画質は、言うほどキレイでもありません。










posted by 無野課長 at 16:16| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
ていねいなご説明ありがとうございます。助かりました!
Posted by at 2013年10月01日 16:04
Thanks!助かった
Posted by at 2014年05月15日 09:29
しね^^
Posted by at 2014年06月03日 17:03
わかりやすい説明、ありがとうございます。
助かりました。
Posted by knyacki at 2014年06月13日 18:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: